【有段までの道のり 24】基本死活:隅の最小形1

こんにちはー。くまぽろです。

有段までの道のり、第24話です。

今回からさっそく
基本死活の具体的な形を取り上げていきます。

-> 第1話から読む
-> 前回のお話


スポンサードリンク

隅の最小形




まずはこの形、隅の最小形を取り上げたいと思います。

※「隅の最小形」という名前は仮につけただけで、
一般的な名称ではないです。

この形で、白先黒生
つまりこの形で手を抜いて、黒は生きています。

これをまずは覚えてしまいましょう。


形を覚えるために、
実戦でどうやってこの形ができるのか
を見ていきます。

小目のケイマジマリに下ツケ

下記の碁盤は
数字が出ているときは見たい変化の数字をクリック、
あとは▶︎ボタンで次の手へ進みます。

小目のケイマジマリに
黒が下ツケするところから始まります。

簡単な手順しか載せていないので、
ざっとひととおり見てみてください。


 

 

最初の1〜4の選択肢で4を選ぶ
先ほどの形が出てきましたね。

下ツケに白がノビてきたら、
この形にもっていけば黒が隅で生きられる
ことを
覚えておきましょ〜。

変化図

※ここからは死活の問題として考えるので、
黒が絶対脱出することができないように
白の石を補強した図にしました。



「この形で生き」ということは

白がこの後どう打ってきても
黒には正しい生きの手順が存在する、ということです。


それを1つ1つ知っておかないと、

正しく受けられずに
死んだりコウになってしまったりします。

なので、そういう形を一つずつ確かめておきましょう。


下の碁盤は、
石を置きたいところをクリックすると、
実際に碁石を置くことができます。

右下の四角に
水色のチェックマークが出れば正解
赤い×が出たら不正解です。

間違ってしまった場合は、
◁のボタンで1手ずつ戻すことができます。


 

 

もう1問。
反対側からのオサエだと…?


 

 

まとめ

いろいろな変化がありましたが、
要約すると

まずこの形で黒生き。


そして、白が左からオサエてきたときは
こちらのカケツギ、

反対に下からオサエてきたときは
こちらのグズミ。

これで生きています。


まずはこれだけ
しっかり覚えてみましょう。

白から上記以外の手を打ってくるのも考えられますが、
長くなってしまうので、続きはまた次回に。


囲碁くま詰碁アプリでは
基本死活パックという
基本死活だけを集めた問題集を用意しています。

今回紹介した形ももちろん出てきます。
気になった方はぜひ見てみてくださいね〜。

アプリアイコン
囲碁くま詰碁
> iPhone版
> Android版
(アプリのダウンロードは無料です)

ではでは。

> 次のお話:【有段までの道のり 25】基本死活:隅の最小形2
>> 「有段までの道のり」の記事一覧へ

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています

下記の「囲碁」ボタンをクリックすると、ブログランキングの投票になります。
ポチッと押していただけると、励みになります!よろしくです〜

(クリックすると、囲碁ブログのランキングページに移動します)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする