コンピュータと無料で囲碁対局!COSUMI(こすみ)の初心者向けの使い方

こんにちは。くまぽろです。

今回は、「COSUMI(こすみ)」という
Web上でコンピュータと対局できるサイト

初心者さん向けの使い方について、
説明していきます〜。

スポンサードリンク

COSUMIとは

COSUMI(こすみ)は、Web上で
コンピュータと囲碁の対局ができるサイト
です。

COSUMIはこちら

無料で使うことができます〜。

碁盤の大きさが5〜19路盤まで選べて、
コンピュータの強さもレベル設定ができます。

アプリをダウンロードしたりする必要もないので、
「とりあえず手軽に対局を試してみたい!」
という方に最適だと思います。
 
 
また、対局後に検討をする機能もあります。

検討(けんとう)とは、
対局が終わって勝負がついてから
改めて今の対局を振り返って、

「この手が良くなかったかなぁ」
「こっちに打ってたら、どうだったんだろう」

と、次へ活かせるように考えることを言います。
 
 
COSUMIでは特に、
コンピュータのレベル0(ゼロ)と
対戦している場合は、

「この手が良くなくて、
こっちに打ったほうが良かったね」

と教えてくれる機能があります。
 
 
初心者さんにとっては、
自分では何が悪かったのか
わからないことのほうが多いので、
とても嬉しい機能ですよね♪
 
 

対局をしてみよう

では、さっそく対局してみましょ〜!

実際の画面を見つつ、対局の設定とやりかたを紹介していきます。

おすすめの対局設定

まずは、初心者さんにおすすめの対局設定から。

すでにご自分の棋力がわかっている方は
適宜レベル設定などは調整してくださいね。

(以下の画面は、
携帯で対局したときのものですが、
パソコンやタブレットからでも
もちろん対戦可能です)

 
 
まず最初に、碁盤の大きさを選びます。
9」を選んで、9路盤で打ってみましょ〜。

次に、コンピュータの強さを選びます。
一番弱い「0」にしましょう。

レベル0はコミなしなので、
単純に盤面で地が大きいほうが勝ちになります。

(「コミって何?」という方は、合わせてこちらの記事もどうぞ)


 
 
これでもう、対局が開始になります。
レベル0では、必ず自分が黒番です。
 
 

対局のしかた

黒石を打ちたいところをタップしてみましょ〜。

ちょっと待つと、白が打ってくるので、
対局を進めてください。
 
 
陣地ができあがって、
もう打つ必要がないかなと思ったら、
パスをしましょう。

パスのボタンは、碁盤の下の左側です。

そうすると、「本当にパスしますか?」
という確認画面が出るので、
YES」を押します。

コンピュータもパスしてきた場合は、
下の画面になります。
OK」をタップします。

お互いにパスをしたので、
対局終了になりました。

(ちなみに、「PASS」の右の「RESIGN」は
投了ボタンです。

「もう勝てないな」と思ったときに、
負けを認めて対局を終わらせる場合に押します)
 
 
結果が表示されます。

ここでは
「19目差であなたの負けです」
と表示されています。

COSUMIは英語で表示されますが、
特に難しい文章は出てこないので、
すぐに慣れると思います。

OK」を押すと、

「この対局をリプレイしますか?」
と聞かれます。

YES」を押して、
検討画面を見てみましょう。
 
 
→合わせて読みたい

関連記事

こんにちは。くまぽろです。 囲碁では、対局の終わりのことを 「終局(しゅうきょく)」といいます。 今回は、 どういう状態になれば終局なのか というお話をしていきます。     […]

 
 

対局後の検討のやり方、棋譜保存のしかた

検討画面が表示されるまで、
ちょっとだけ時間がかかります。
(数秒〜長くて20秒くらい)

↓待っている間の画面

検討画面に切り替わると、碁盤の下に
矢印と目盛りのようなものが表示されます。

今は盤面が最初の状態になっているので、
右の矢印を押すと、
1手目から順番に再生されます。


 
 
進めていくと、下図のような
× と ◯ が表示されることがあります。

これは、

「実戦では×のところに打ったけれど、
あまり良くない手だったので、
◯のところに打ったほうが良かったね」

と、COSUMIちゃんが教えてくれているんです。

上の図では、×に打った手が
あまり今打つ必要のないところなので、
◯のように広いところに打ったほうが
地を広げることができました。

こういうのを1局通して、何点か指摘してくれます。
 
 
また、棋譜を保存したい場合は、
碁盤の下の方に書いてある
下図の部分をコピーして、

別の棋譜保存アプリやソフトなどに貼り付けて、
保存しておくこともできます。

棋譜(きふ)とは、
対局の1手1手の記録のことです。

保存しておくことで、
過去の対局を見返すことができます。
 
 
さて、検討がもう十分だなと思ったら、
碁盤をタップすると、
「新しいゲームを始めますか?」
と聞かれます。

もう1戦やる場合は、
YES」をタップして始めてください。
 
 

勝てなくて当たり前!どんどんやってみよう

レベル0と実際対戦してみると
囲碁を初めたばかりの方の場合、

「一番弱い設定のはずなのに全っ然勝てない!」

と思うはずです。

有段者のわたしから見ても、
COSUMIのレベル0は
初心者さんと比べてかなり強い
です。

最初のころは、
たぶんまったく勝てないんじゃないかと思います。

なので、勝てなくて当たり前、
もしも勝てちゃったらすごいことだ!

と思ってください。

COSUMIのレベル0に勝てたら、
もう初心者は卒業できるくらい
あなたが強くなっている証拠です。
 
 
練習なので、いっぱい負けても全然大丈夫ですよ〜。
勝敗はあまり気にせずに、

「どの手が良くなかったのか」
「次はどう打とうか」

ということを考えていきましょ〜!
 
 
また、
「どうしても勝てん〜!イライラ!」
ってなってしまったら
他のアプリを使ってみるのもおすすめです。

スマホアプリの「みんなの囲碁」の使い方をまとめた記事はこちら。

関連記事

こんにちはー。くまぽろです。 今回は、初心者の方がルールを覚えて、 「よし、囲碁を打ってみよう!」となったときに、 『みんなの囲碁』というスマホアプリで コンピュータと対戦する方法を、 詳しく説明したいと思いまーす。 […]

 
 

まとめ

今回のまとめです。

  • COSUMI(こすみ)は、無料で気軽にコンピュータと囲碁の対局ができるサイト
  • 初心者さんにおすすめの設定と対局のしかたを解説
  • 対局後の検討もできる。レベル0ではより良い一手を教えてくれる
  • 勝てなくて当たり前。他のアプリもあるよ

無料で利用できるサイトなので、
じゃんじゃん活用していきましょ〜。

ではでは。

> 次の講座:「【囲碁入門:ルールを覚えたら】初心者さんにおすすめの序盤の打ち方(9路)」へ
>> 初心者さん講座一覧へ