【囲碁入門】整地のやり方(動画):手順とポイントを解説

こんにちはー。くまぽろです。

今回は、
初心者さんがみんな戸惑う「整地」を
わかりやすく解説していきます〜。
 
 

スポンサードリンク

整地とは

整地(せいち)とは、
終局後にお互いの地を数える作業のことです。

数えやすいように、
でこぼこした地をきれいな四角にして、
5や10の倍数にしていきます

そうしてから整えてから、
すべての地を足しあわせて、

最終的に
「黒が◯◯目、白が△△目だから、
コミを入れて黒の□□目半勝ちですね」

というふうに勝敗がわかります。
 
 

動画解説

以下の動画で、
手順を説明しつつ、実際に整地をしています。

ご覧ください〜。


 
 

手順のまとめ

動画で説明している手順を簡潔に書くと、

対局が終了したら、
 
 
1. まず死んでいる石を取り上げる

2. 相手の地を整地する
(1) 境界線の石を動かさないように注意して、
地を四角く整える

(2) 後述の「整地でよく見る形」のうち、
近いものを選んで、その形にし、
10の倍数または5の倍数になるようにする。

(3) 最終的に端数が1箇所になるようにする。

となります。

※2(3)は、動画では言い忘れているので補足しました。
 
 

整地でよく見る形

5 × ◯(5の倍数)

5 × 2、5 × 3、5 × 4・・・とする方法。
 
 
10 × ◯(10の倍数)

同様に、10 × 2、10 × 3・・・とする方法。

上の図のように、
19路盤で打った場合は
端っこから真ん中の星まででちょうど10目
です。

それを目安にすると、10を数えなくても
サッと「ここまでで10!」と作れるようになります。
 
 
(3 × 4) – 2 = 10目

3 × 4で12目ですが、
その真ん中に2目置くことで
10目にしています。
 
 
(7 × 3) – 1 = 20目

これも同じですね。
7 × 3 = 21目の真ん中に1目置いて、
20目にする方法。

同じように、8 × 4の真ん中に2目置いて、
30目にするのもあります。
 
 

おわりに

入門したては、「境界線がどこなのか」が
はっきりわかりづらいため、
整地も「むずかしいな・・・」と感じるかもしれません。

ゆっくりでいいので、
境界線の石を動かさないように、
ということだけ気をつけながら
やってみてくださいね。

慣れたら、だんだん速くできるように
なっていきますよ〜。
 
 
ではでは、また〜。
 
 
P.S.
「そもそも終局がよくわからない!」という方は
『囲碁の終局がわからないあなたへ』

「死んでいる石がよくわからない!」という方は、
『石の生き死に(死活)の意味を知ろう』

の記事がおすすめです♪

> 次の講座:「囲碁のマナー講座:あいさつや決まりごとなど。初手にもマナーがあります」へ
>> 初心者さん講座一覧へ

くまぽろのつぶやき