【有段までの道のり 26】基本死活:隅の最小形3

こんにちはー。くまぽろです。

有段までの道のり、第26話です。

前回に引き続き、隅の最小形について
変化を覚えていきましょ〜。

今回は、とても似通った2つの変化をセットで学びます。

-> 第1話から読む
-> 前回のお話


スポンサードリンク

一番ややこしいオキへの対応

今回も隅の最小形の変化をやっていきます。

基本死活は、繰り返し何度もやって
しっかり記憶を頭に定着させてしまうのが
とっても大事です。

もし前回までの変化があやしい人や
まだそれ見てないや〜という人は、
第24話第25話をさくっと復習するのがおすすめです。


さて、では今回は
白がノゾキのような位置にオイてきたときの
変化をやってみましょう。


下の碁盤は、
石を置きたいところをクリックすると、
実際に碁石を置くことができます。

右下の四角に
水色のチェックマークが出れば正解です。

白が応手する限りは、不正解の場合も
「不正解」とコメントが出るところまで打てます。

間違ってしまった場合は、
◁のボタンで1手ずつ戻すことができます。



 

 

どうでしたか?
この変化は読みだけで解くのはけっこう難しいですね。

?ボタンを押すと正解が見られます。
青い色の番号が正解の選択肢です。


生きの手順をまとめると、このようになります。

ちょっと手順が長いですが、
繰り返しやることで
ちゃんと覚えられるようになりますよ〜。

両コウで生きているというのは、
「このコウに勝てば生きる」というコウが2つある状態です。

この場合、黒はコウ材を打つ必要がなく、
延々ともう一方のコウを抜けばいいので生き
ています。

上の図のあとの手順をやってみると…


レアケースですが、
このように両コウで生きる場合があるということを
頭の片隅においておきましょ〜。

1つ広げたら生きている?

では、今度は先ほどの形から
黒が1つノビて白のオサエが来ました。

これでさっきと同じところに置かれたら、
どうなるでしょうか?

1つノビて空間が増えたのだから
大丈夫そうに見えますが・・・?


先ほどの手順を思い出して、挑戦してみてください。
問題としては黒白入れ替えて、
黒番で白を殺せるか考えましょ〜。


 

 

結果にたどり着きましたか?

そうなんです、この場合はコウになってしまうんですね。
最善の手順をまとめると、以下のようになります。



ダメの詰まりは身の詰まり

なぜ生きていたはずの石から1つ広げただけで
コウになってしまったかと言うと、
ダメが詰まってしまったからです。

最後の形を比べると、

ここのダメを詰めてしまったことで
両コウで生きの状態 → コウで生死が決まる状態
と状態が悪化
してしまったんですね。


囲碁の格言で
ダメの詰まりは身の詰まり

という言葉があります。
有名なので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

わたしもしょっちゅう実践対局で
無駄に自分のダメを詰めてしまいますが(笑)、
ダメの数は、基本死活にも密接にからんでいます。

自分のダメが詰まる手は、一瞬立ち止まって
「本当に打つ必要があるのかな」と
考えてみるのも大事ですね〜。

まとめ

この2つはセットで覚えましょ〜。


囲碁くま詰碁アプリでは
基本死活パックという
基本死活だけを集めた問題集を用意しています。

今回紹介した形ももちろん出てきます。
毎日少しずつ復習していけば確実に覚えられますよ〜。

アプリアイコン
囲碁くま詰碁
> iPhone版
> Android版
(アプリのダウンロードは無料です)

ではでは、今日はこのへんで。

> 次のお話:【有段までの道のり 27】基本死活:隅の最小形4
>> 「有段までの道のり」の記事一覧へ

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています

下記の「囲碁」ボタンをクリックすると、ブログランキングの投票になります。
ポチッと押していただけると、励みになります!よろしくです〜

(クリックすると、囲碁ブログのランキングページに移動します)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする