【有段までの道のり 4】囲碁ソフトにも手筋で翻弄される:サルスベリ

こんにちはー。くまぽろです。

有段までの道のり、第4話です。

前回
手筋の本を初めて買ったお話をしたので、

今回は囲碁ソフトに打たれて
困った手のお話です。


スポンサードリンク

級位者がみんな困るあの手

さてさて、囲碁をやり始めて
たぶん8級くらいの囲碁ソフトと
格闘していたころ、

こんな場面↓で
自分では予想しなかった手を
白に打たれました。





当時のわたしの中では、
白が入ってきてもこんなもんかな↓
と思ってたんですよね。





でも実際はここまで入ってきちゃいました!





これ見た瞬間、
「えー!そんなとこまで入って来れちゃうのー!?」
とめちゃくちゃ焦りました。笑

そして止め方もよくわからないという…(T o T)

うまく止められなくて
ズルズル白が入ってきちゃって、
黒地がどんどんなくなってしまいました。


たぶん級位者のひとはみんな一回は

「なにこれ、どうしたらいいのー!?」

ってなったことが
あるんじゃないかと思います。


こういうふうに、二線の石から
大ゲイマで一線にスベるヨセの手を
サルスベリ
ということを
後から知りました。

サルスベリの止め方

サルスベリの止め方は
パターンによって何通りかあって、
けっこう難しいんですよね〜。


対局後も
「なんだあれは、どうしたらよかったんだ」
と気になっていたわたしは、

その後、囲碁ソフトくんと打っていて
「あのときと同じ場面かも」と気づいたときに、

今度はこっちから
サルスベリをしかけてみました。


それで囲碁ソフトくんが
どうやって止めるかを見て
真似しようと思ったわけです。

この作戦で、
サルスベリを止めるやり方の1つを
学ぶことができました〜(`・ω・´)


また、前回紹介した
手筋の本と同じシリーズに
死活とヨセ」というのがあるんですが、

その本でも
サルスベリの止め方が出てきますね。

わかる! 勝てる!! 囲碁 死活とヨセ ~初心者の迷い完全解消~ (囲碁人ブックス)
著:羽根 直樹


あとに、この本を読んで
「サルスベリ」という名前と

形によって止め方に何通りかある
ということを知りました。


ではでは
さっそく止め方を見てみましょ〜。

2通りのやり方を紹介します。

下の碁盤で
1、2と表示されているところをクリックして、
そのあとは右下の▷で進めてください。


 

 

ちょっと難しいですが、

とりあえずどちらか
1つだけでも覚えていれば、
サルスベリがかなり止めやすくなるので

まずは1つ覚えてみるのがおすすめです!

つづく

手筋のおもしろさから
囲碁にはまってきたくまぽろは、

だんだん
「もっと強くなったら
もっとおもしろくなるのでは…!?」

と、さらに囲碁熱を高めていった結果、
とある決断をしました。


次回はそのお話をしたいと思います〜。

お楽しみに〜!

【有段までの道のり 5】へ

ブログランキングに参加しています

下記の「囲碁」ボタンをクリックすると、ブログランキングの投票になります。
ポチッと押していただけると、励みになります!よろしくです〜

(クリックすると、囲碁ブログのランキングページに移動します)


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする