第43期碁聖戦 挑戦手合第2局 井山裕太碁聖 vs 許家元七段

こんにちはー。くまぽろです。

7/6(金)に行われた碁聖戦第2局の
棋譜や感想をまとめました〜。
 
 

スポンサードリンク

碁聖戦第2局

碁聖戦についてと
挑戦者の許家元七段については、

碁聖戦第1局のブログでふれたので
見ていない方はよかったら読んでみてください〜。
 
 
さて、第1局は許さんの勝ちとなり、
迎えた第2局。

7/6に日本棋院で行われました。

ではさっそく棋譜を見ていきましょう〜。
 
 

棋譜

黒:許家元七段
白:井山裕太碁聖

持ち時間は各4時間、
残り5分前より秒読みとなります。
 
 
棋譜につけているコメントは
日本棋院Youtubeチャンネルの動画での

鶴山 淳志(つるやま あつし)七段と
孫 喆(そん まこと)六段の解説を参考にしています。
 
 

 

 

くまぽろ感想

許さん連勝!おめでとうございます〜!

なんと、これで井山さんがカド番となってしまいました。
 
 
右上を白が動き出して収まったあたりまでは
わりと穏やかでわかりやすい進行だったんですが、

右下で白がノゾいた手から
押さえ込んだところ(56手目)から
黒もそれに反発してすごく難しい展開になりましたね。

わたしがああいう場面を打ってたら
「打ちたいとこ3箇所くらいある〜」とか
ぼやいてます、たぶん。笑
 
 
レアケースだとは思うんですが、
裂かれ形で押してもいいという場合があるんだ
というのも勉強になりました。
(白58, 60手目)

「ああいう形はやっちゃだめ!」って習ってきたので、
自分の中ではそもそも
次の手の候補として上がらなかったんですが、

裂かれた反対側の自分の石に被害がほぼないときは
一考の価値があるんですね〜。
 
 

次は

今回は放送で昼食やおやつの紹介がなかったので、
囲碁めしのコーナーはお休みです。
 
 
さて、第3局は8/3(金)です。
けっこう間が空きますね。

場所は、日本棋院関西総本部(大阪府大阪市)
にて行われます。
 
 
井山さんに対して
2連勝する若手が現れてうれしい気持ちもあり、

でも井山さんにも貫禄を示してほしいな〜って
気持ちもあり、悩ましいです。笑

あぁ、でもやっぱり次は井山さんに勝ってほしいかな…。

次局も注目していきたいと思います!
 
 
ではでは、また〜。

くまぽろのつぶやき