「囲碁くま詰碁」アプリ

こんにちはー。くまぽろです。

このページでは、
自作した詰碁アプリ「囲碁くま詰碁」の
紹介をしたいと思います〜。


囲碁くま詰碁

iPhoneアプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/beartsumego/id1361482304?l=ja&ls=1&mt=8

Androidアプリ
→いまがんばって作ってます!


無料でダウンロードできるので、
ぜひぜひ使ってみてください(*´ω`*)


きっかけ

詰碁には

1. 読みを鍛える(石が想像できるようにする)
2. 死活の形やパターンを知る

という2つの意味合いがあると思います。

このうち1つめの「読みを鍛える」には
コツコツ継続することが大事ですよね。


最初はすぐに消えちゃった石も
何度も何度もやっているうちに

だんだん消えにくくなって
正確に読めるようになっていきます。

つまり、筋トレのようなもので
続けていくことでだんだん力がついていくわけです。


詰碁は、本や他のアプリなどもありますが、

その「継続する」という点を重視したものがないな〜と
ふと気づいたことが、
このアプリを作るきっかけになりました。


自分が思う
「こんなアプリがあったらいいな」は
他の人にもきっと役立つ!

と良いな、と思っています。笑

カレンダーにスタンプが押される

さて、じゃあ詰碁を継続していくには…と考えて、
思い浮かんだのが

夏休みのラジオ体操のスタンプカード。


あんなふうに
詰碁をやったら毎日ちゃんと記録されて、

カレンダーにスタンプが溜まっていったら
ちょっとうれしくありませんか?


わたしはそういうスタンプを集めるの、
好きなんですよね〜。

なので、詰碁を解いたら
カレンダーにくまのスタンプが
押されるようにしました♪





スタンプの種類は、
その日の正解率で変わります。

想定される手にほぼ応手

詰碁の本だと載っている解答は、
だいたい2通りくらいですよね。

正解の手順と、不正解の手順の一例が
載っている感じですが、

自分の考えた手がなんで間違いなのか
わからないことってありませんか?


わたしは級位者のころは
ちょこちょこありました。

「これが正解なのはわかったけど
じゃあこう打ったら白どうするの?」

というのが、人に聞くまでわからなくて
もやもやしていました。


なので、囲碁くま詰碁では
想定される手になるべく応手するように
解答を作りました。

また正解・不正解が表示された後も
自分で黒白交互に好きに石を置けるので、

最後までしっかり確かめることができます。

問題の追加・便利な機能

囲碁くま詰碁アプリは
無料でダウンロードできて、

問題も最初から120問入っています。

その上で、さらに問題が追加されていく機能と
その他の便利でうれしい機能を
有料で提供しています。


有料の月額コースに申し込むと、
申し込んだコースの難易度に合わせて
毎日新しい問題が3問出題されます。





難易度は、

初級(入門〜11級)
中級(10級〜1級)
上級(初段〜)

の3つに分かれています。


追加された問題は
問題集に溜まっていくので

その日だけじゃなく、
あとで振り返ることもできます。


さらに、便利な機能として
間違った問題だけを抽出して
復習することができます

これもわたしがすごくほしいと思って
作った機能です。笑


囲碁くま詰碁では、

・一発で正解したのか
・間違ってから正解にたどり着いたのか

を区別して記録するので、
一発で正解しなかったものだけを
復習することができます〜。


その他にも、
ランダムに10問出題される実力テスト

問題をランダムに回転・反転して
出題する機能があります。


2週間お試しで、
無料で使ってみることができる
ので
ぜひぜひ使ってみてください〜♪

おわりに

囲碁くま詰碁

iPhoneアプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/beartsumego/id1361482304?l=ja&ls=1&mt=8


まだリリースしたばかりのアプリなので、
改善点もいろいろとあると思います。

1つずつ改善して
より良いものにしていきたいので、

感想やバグの報告、要望などなど
教えていただけたらとても嬉しいです!


くまぽろ
Twitterアカウント→@igo_kuma
メアド→kumaporo@igokuma.com


Androidアプリも
いませっせと作っているので、

Androidユーザの方はもう少し
お待ちください〜!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする