あなたのブログは誰のため?人に読んでもらうために一番大事なこと

こんにちはー。くまぽろです。


今日はブログをはじめたばかりの人向けに

どんなふうにブログを書いたらいいのか、
どうしたらブログを読んでもらえるのか

一番大事な部分にスポットを当てて話していきたいと思います〜。


スポンサードリンク

ブログで何をしたいのか

さて、まずは
ブログをやる目的から考えていきます。


もし、あなたがブログを書いているのなら、
そもそもブログを始めた理由は何ですか?

・めちゃめちゃ大好きなことがあって、語りたいことがある!
・特定の分野の知識を持っていて、それが人の役に立てばいいな
・仕事や趣味などで、集客がしたい
・自分のメモや日記として残しておきたい
・注目されたい!有名になりたい!


こうして挙げてみただけでも
いろいろな理由がありますね〜。

どれか、あるいはいくつかの理由があって
あなたはブログを始めた、
あるいはこれから始めたいと思っているかもしれませんね。


「自分のメモや日記として」という
完全に自分のためだけのブログであれば、
別に多くの人に見られているかどうかは気にしなくていいですが、

他の理由の場合は
ある程度多くの人に見てもらうことが目的の一部ですよね。


でもなんとなく書いているだけでは
なかなか多くの人に見てもらうことはできません。

では、人に見てもらえるブログにするには
何を一番意識するべき
でしょうか?

ブログは読者のために

結論から言うと、
人に見てもらいたいなら
ブログは読者さんのために書くべき
です。


なぜなら、もともと有名人だったりしない限りは
読者さんはあなたのことをまったく知りません。

まったく知らない人のブログをなぜ読むのかというと、
それは読者さんにとって
メリットがあることが書いてある
から読むんです。

メリットと言っても内容はいろいろです。

知りたいことが知れる
・難しいことをわかりやすく説明してくれる
・同じ境遇や経験をしていて、すごく共感できる
・おもしろいことをしていて、見ると元気がもらえる
・興味のある分野で、新しい考え方を提供してくれる
・単純にかわいかったり、きれいだったり、見ていると癒される

他にもまだまだ
いろんなメリット=見る理由があるかもですね。


自分が知らない人のブログやTwitterを読むのを想定してみてください。

上記のどれかが当てはまれば、
「この人気になるな」とか
「他のも読んでみたいな」と、なりませんか?

逆に何もあてはまらず、何もピンと来ないと
一瞬で素通りすると思います。

そう、なので知らない人に読んでもらうためには
読者さんが「読みたい!」と思う何かしらの価値を
提供しないと読んでもらえない
よ、ということです。


もちろん記事の内容は
自分が「こういうことを書きたい!」と考えることから
スタートしていいのですが、

「それって他の人が見ておもしろいのかな?」
「どう書けば、興味を持ってもらえるかな?」
「こういう順序のほうがわかりやすいかな?」

など、読者さんの目線で考えていくことがとても大事です。

囲碁くまブログの場合

この囲碁くまブログでも
読者さんの目線を意識していつも書いています。


はじめは囲碁のルールなどから書き始め、
実際に自分の身近な初心者の友達に
説明するような気持ちで、

書く内容や順序、
どんな図を用意したらいいかなどを考えてきました。

いまは発展して級位者の方向けやタイトル戦の解説、
あるいは囲碁以外の話も書きますが、

基本的に
「この記事は誰のための記事なのか」
をいつも意識しています。


ちなみに、いま読んでいるこの記事は
ブログをはじめたばかり、
あるいはこれから始めようと思っている人向け
です。

具体的な誰かを思い浮かべて、
「あの子に伝わるように」
と書くのがおすすめです。

まとめ

ブログは読者のために書こう
・読者さんにどんな価値を提供できるのか考える
具体的な誰かを思い浮かべて、その人に伝わるように書く

この記事が、ブログをはじめたあなたの
お役に立てばうれしいです!

ではでは、今日はこのへんで。

詰碁アプリ公開中♪

詰碁アプリ公開中♪

アプリアイコン

毎日続けることを重視した詰碁アプリ「囲碁くま詰碁」を製作して公開しています。
無料でダウンロードできるので、ぜひ使ってみてください〜。

iPhone・iPadの方→ダウンロード
Androidの方→ダウンロード

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています

下記の「囲碁」ボタンをクリックすると、ブログランキングの投票になります。
ポチッと押していただけると、励みになります!よろしくです〜

(クリックすると、囲碁ブログのランキングページに移動します)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする