【将棋】羽生義治棋聖が竜王戦に勝利し、永世七冠を達成!

こんにちはー。くまぽろです。

将棋界の大きなニュースが飛び込んできましたね!

羽生さんが前人未到の記録を成し遂げました。
永世七冠っていう響きがすでにかっこいい・・・!!

さてさて、永世七冠とは、
具体的に何を達成したのか、
詳しく見ていきましょ〜。


スポンサードリンク

永世七冠とは

将棋のプロの世界では、
現在8つのタイトルがあります。

8つのタイトルというのは、

名人戦
王将戦
王位戦
棋聖戦
棋王戦(きおうせん)
王座戦
竜王戦
叡王戦(えいおうせん)

です。
順番は、歴史の古い順に並べています。


これらのタイトルは、毎年棋戦が行われて
タイトルをかけて勝負しますが、

何度もそのタイトルをとることで
永世◯◯と名乗る資格が与えられる
んです。

例えば、名人を通算5期以上とると、
永世名人を名乗ることができます。

(原則として、現役を引退したあとに名乗ります)


ただ、このうち叡王戦だけは
ここ数年でできた新しいものなので、
まだ永世称号についての規定がありません。

なので、叡王戦を除いた7つのタイトルで
すべて永世称号をとった
ことで、

羽生さんは「永世七冠」に
輝いたわけです!

最後に残っていた竜王戦

羽生さんが今までに
永世称号をとっていなかった唯一の棋戦が
竜王戦」でした。

永世竜王は、
連続5期獲得通算7期獲得

のどちらかが条件です。

今回勝ち上がり、挑戦者となって、
渡辺明(わたなべあきら)竜王に勝ったことで、

竜王を通算7期獲得し、
永世竜王の資格を得ました。


ちなみに、対戦相手だった渡辺さんも
永世竜王の称号を持っています。

囲碁界の反応

同じボードゲーム仲間として、
囲碁と将棋の世界は近しい関係ですよね。

囲碁のプロの世界にも、
羽生さんのようなスーパースターがいます。

それが、前人未到の
同時7大タイトル制覇を成し遂げた
井山裕太(いやまゆうた)七冠です


今回の羽生さんの快挙に、
井山さんもコメントを寄せています。

この度は永世7冠達成、誠におめでとうございます。長きに亘り結果を残し続けられるそのお姿に、敬服いたしております。今後も健康に留意され、私を含めた多くの人々の目標で有り続けていただければと思います。



同じトップ棋士だからこそ、
一般人にはわからない苦労や達成感が想像でき、
より尊敬の念がわくのでしょうね〜。


井山さんは現在は離婚されて独身ですが、
以前は将棋の女流プロと結婚されていたので、

将棋界のことを
より身近に感じるのではないかな〜と、
勝手に思っています。笑


ちなみに、囲碁では永世◯◯ではなく、
名誉◯◯
という称号になります。

囲碁のタイトル戦についても、
今後紹介していきたいな〜と思います。

まとめ

今回のまとめです。

・永世七冠とは、7つのタイトルすべてで、
永世名人、永世棋聖などの
永世◯◯の称号を獲得した、前人未到の快挙!

・第30期竜王戦にて、
羽生善治棋聖が渡辺明竜王に勝利し、
永世竜王の称号を手にしたことにより、
7タイトルの永世称号を制覇。


本当にすばらしいニュースですね〜!

将棋も囲碁もいっしょになって
今後盛り上げていけるといいですね〜。

ではでは、今回はこのへんで。

詰碁アプリ公開中♪

詰碁アプリ公開中♪

毎日続けることを重視した詰碁アプリ
「囲碁くま詰碁」を製作して公開しています。

無料でダウンロードできるので、
よかったら使ってみてください〜。

iOSの方→ダウンロード

Androidの方→製作中です!もう少しお待ちください〜

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています

下記の「囲碁」ボタンをクリックすると、ブログランキングの投票になります。
ポチッと押していただけると、励みになります!よろしくです〜

(クリックすると、囲碁ブログのランキングページに移動します)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする