第73期本因坊戦 挑戦手合第2局 本因坊文裕 vs 山下敬吾九段

こんにちはー。くまぽろです。

ちょっと遅くなりましたが、
5/23〜24に行われた
本因坊戦の第2局の模様をお届けします〜。


スポンサードリンク

第2局は

第2局は、
京都府京都市の二条城で行われました。

お城で囲碁を打てるなんて
とても趣深くて良いですよね〜。


しかも今回は

二の丸御殿の大広間で初手と2手目を打ち、
江戸時代の御城碁を再現する

という試みもなされました!


その写真が紹介されている
日本棋院関西総本部さんのツイート↓

ものすごくかっこいいですね〜!


ちなみに、お殿さま役で座っているのは
京都市の市長さんらしいです。笑


この二の丸御殿の大広間は、
江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜が
大政奉還の意思を表明したところです。

1局目の明倫学舎も
吉田松陰が教鞭をとっていた学校なので、
どちらも明治維新につながりの深い場所ですね。


※吉田松陰(よしだ しょういん)は、
明治維新で活躍するたくさんの若者に
思想的影響を与えた人。


3手目以降は場所を移動し、二条城内の
香雲亭(こううんてい)で打たれました。

お庭が美しいですね(*´ω`*)

棋譜

それでは、対局の内容を見ていきましょ〜。
1局目とは手番が交代し、

黒:本因坊文裕
白:山下敬吾九段

です。

 

 

くまぽろ感想

序盤から黒が地を稼ぎ、
白が中央の模様を張る展開で

地が好きなわたしとしては
黒を持ちたいな〜と思う進行でした。


特に61手目あたりで
黒が左辺から中央に突き出してからは、
黒が打ちやすそうでしたね。

プロの解説の方々も
そこが一つの勝負所だったと
見ていたようです。


終盤での黒の右辺の打ち回しも、
こうやって打つんだなぁと勉強になりました。

自分が打っていたら
引っ張り出した黒の弱さばっかりが目について、

井山さんのように
白の弱点も見極めながら冷静に打つ、
というのができないんですよね。


ちなみに、この対局の2日目(5/24)は
井山さんのお誕生日でした。

めでたく1勝をあげましたね〜。
29歳、おめでとうございます!!

囲碁めし

今回も、おまけの囲碁めしコーナーです。

1日目・2日目ともお昼ごはんは
こちらの豪華なお弁当でした。


京料理いそべ「名代 まるやま弁当」



このお弁当は見た目が提灯風で
三段になっているようです〜。




そして、気になるおやつは…

1日目 山下さんのおやつ

京風ムース。
生クリームと抹茶が入っているみたいです。


1日目 井山さんのおやつ

シャルロットプリンケーキ。
上の部分がプリンなのかな…?


2日目 山下さんのおやつ

バルーン。
中にはフルーツが入っているみたいです↓

2日目の井山さんのおやつは、
1日目に山下さんが食べていた京風ムースでした。


おやつは意外と洋風な感じなんですね〜。

次回は

次の本因坊戦挑戦手合、第3局は
6/2(土)〜3(日)に行われます。

次は土日なので、
おひまな方はニコニコ生放送での中継を
見てみるのも楽しいですよ〜。

場所は秋田県能代市の
旧料亭金勇というところです。


1勝1敗からどちらが勝つのか注目ですね!
ではでは、また〜。

ブログランキングに参加しています

下記の「囲碁」ボタンをクリックすると、ブログランキングの投票になります。
ポチッと押していただけると、励みになります!よろしくです〜

(クリックすると、囲碁ブログのランキングページに移動します)


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする